バストが硬くなってしまう原因と対策とは

血液からリンパ液が滞りなく循環していて、女性ホルモンのバランスがとれていたら、バストは弾力さをアップし、柔らかくなります。しかし、生理不順や下腹部の冷え、子宮や卵巣の異常などでバスト全体が冷えてしまい硬くなってしまいます。バストが硬いという状態が長く続くとバスト全体に栄養がうまくいかず、肌トラブルにもやりやすくなってしまったり、胸の形も崩れやすくなってしまいます。しかも、硬いバストのままでは谷間もできにくくなってしまいます。バストアップに励んでいるのにいつまで経っても谷間ができないと悲しんでいる女性は、この胸の硬さに原因があるかもしれません。谷間を作るには、バストアップだけではなく、柔らかさも必要になってきます。

そうならないように予防するのは血行を良くすることです。現代人は忙しい人が多く、呼吸が浅くなる傾向があります。浅い呼吸ばかりしていると肋骨あたりの筋肉が使われないために凝り固まってしまい、バストも硬くなってしまいます。しかも、浅い呼吸では体の酸素不足からストレスや冷えなどの不調へも繋がります。なので、深い呼吸を心がけるように意識しましょう。

あとは「水をしっかり飲むこと」です。水分不足になってしまうと血液濃度が上がってドロドロになってしまい、全身の血液循環が悪くなってしまいます。そうなるとバストにも栄養が行き渡らなくなってしまいますし、古い細胞が入れ替わるためにも水分で代謝をしなければなりません。ただ、水を飲むだけでいいわけではなく、常温の水を飲むようにすることがポイントです。冷たい水を飲んでしまうと胃が冷えてしまい、消化能力が落ちて老廃物の排出不良に繋がってしまいます。そのため、常温の水でミネラルが豊富に含まれている硬水を飲むようにすると良いでしょう。

卒乳後のしぼんだバストを取り戻す方法

女性は、妊娠すると乳房が膨らんできて自然とバストアップします。また、出産を経て子供に授乳するようになると更にバストが大きくなり元々胸が小さいことに悩んでいた人もこの時ばかりは自分の胸の膨らみに満足する人も少なくありません。しかし、だいたい1歳から2歳をすぎると卒乳をする人が増えてきます。授乳を全くしなくなると当然お乳も作られなくなるため授乳時には想像も出来なかったほどバストがしぼんでしまうのが現状です。元々バストが大きい人も元々バスト小さい人もほとんどの女性が1カップ以上しぼんでしまいます。

バストは女性らしさを象徴するものの一つなためショックを受ける女性も多いです。卒乳を経てしぼんだバストを少しでも元のように取り戻すためには少なからず努力が必要です。1日10分で良いのでお風呂上がりの血行が促進している時にバストアップマッサージをするのがおすすめです。まずは、バストを支える筋肉を鍛えることが大切です。座った状態であぐらをかき、両手を胸の前で合わせて拝みポーズをして力を加えます。こうすることで、大きくなったバストを支える土台の筋肉をつけることが出来ます。ポイントは、小指だけ離して力を入れることです。両手をすべてくっつけるよりも力が入りやすいです。

その後、二の腕やお腹周りの脂肪がついたお肉をよく揉みほぐしていきバストに向かって優しく流していきます。しかし、バストアップしても綺麗な形でなければ意味がありません。そのため、丸く綺麗なバストを作るためのマッサージも合わせてしておくことが大切です。両胸の中心あたりから人指し指と中指を使ってバストに沿って外回りに丸く円を描くようになぞります。そうすることで綺麗なバストを作ることが出来ます。

バストは温めると大きくなる理由は血行が良くなるから

バストを大きくしたいときには、実は温めるという方法が効果を生む可能性があります。ただ、温めるのは胸の部分だけでは足りないのです。バストを温めることで大きくするためには、実は全身を温めないといけないのです。身体を温めることでなぜバストが大きくなるのか?といえば、血行が良くなるからです。血流がスムーズになるということは、実は胸の部分まで必要な栄養が行き届くというメリットがあります。こういった仕組みにより、胸が成長しやすい、大きくなるということなのです。

しかし、胸の部分だけを温めるのではちょっと足りないということが言えます。なぜならば、血行を良くするというときに、胸の周りだけをよくしてもしょうがない部分があるからです。全員の血液の流れがスムーズだからこそ、身体の他の部分から栄養が胸の周りまで届いてくれるということになります。だから、全身の血液の流れをスムーズにすることで、必要な栄養が胸にまで届くということを頭に入れながら、身体を温めていきましょう。全身を温める必要があるということは、例えば半身浴をするなどの方法が思い浮かびます。そういった方法で全身の体温を上げていくことで、結果的にバストを温めることによる大きくなる効果を実感できるのではないか?と思います。

胸だけに集中するのではなくて、全身のケアをしていかないといけないというところがちょっと大変かもしれませんけど、胸を大きくするためには必要なポイントの1つでもあると思うので、多くの人にこういった部分は頭に入れておいてもらいたいですし、実際に試してほしいと思います。

生理前のバストのズキズキする痛みの軽減法は

生理前にバストが腫れた感じがして、何となくズキズキと痛むと言う経験は、女性なら一度はあるのではないでしょうか。生理前にはどうしても、ホルモンの分泌が変化したりしますので、仕方のない痛みではあるのですが出来れば軽減したいものですね。この痛み、血行を良くすることである程度軽減できますので、その方法をご紹介しましょう。

まずは身体をあまり締め付けないことです。勿論締め付ければ血行は合悪くなりますね。なので、きつい下着とか洋服は避けておきましょう。勿論きついブラジャーは言うまでもありません。ゆったりした服装で、気持ちもゆったりすることが血行を良くします。

また冷やさないようにすることも大事です。冷えは身体のトラブルの元ですが、血行を悪くすることの原因もこの冷えにあります。身体を冷やして血行が悪くなれば、バストの痛みも起きて当然です。夏場などエアコンが効いた職場では、必ずカーディガンなど羽織っておきましょう。

そして姿勢も問題になります。特にデスクワーク主体の女性の場合、同じ姿勢で長時間パソコンなどをにらめっこしている状態が続きます。猫背にもなりますし、猫背になれば呼吸も浅くなります、じっとしていれば身体も固まって、これらが合わさると血流はどんどん悪くなっていきます。座りっぱなしは避けて、少しでも動くようにしましょう。

そして最後に、痛むバストをいたわってあげましょう。1日の終わり、リラックスのバスタイムの後などにマッサージをしてあげます。優しく円を描くように、硬く張っている胸をほぐしてあげてください。血流が良くなって痛みも改善されます。ただし、やり過ぎると痛みが増しますのでご注意ください。

バストが豊かなのは憧れだけどあせもと言う問題も起きます

豊かなバストは女性なら誰しも憧れるものです。形よく膨らんだバストは、心まで豊かにしてくれるようなふんわりとした魅力があります。バストの大きな女性を見ると、羨ましくまた憧れを感じて当然でしょう。しかしこの素敵なバストの所有者たちにも、実は悩みがあるのです。それは、夏場だけではないあせもの問題です。

バストが豊かであれば、アンダーバストにはどうしてもかいた汗が溜まってしまいます。バストの汗だけでなく、ボディの汗も含めてです。しかもここは影の部分になるので、中々乾いてくれません。結果として、あせもが出来上がってしまいます。夏だけならともかく、暖房の利いた今の世の中では冬もこのあせも、決して無縁ではいられません。対策を取らないと、肌が荒れるだけでなく汗の匂いも気になるところですね。

今では制汗剤など色々出ていますので、肌の状態に合わせて使用することも出来るようになりました。しかし制汗剤の成分がどうしても、肌に合わない人もいます。その場合、制汗剤の使用で逆に肌を荒らしてしまう事にもなりかねません。

なので最も安全な、どこでも手に入るケア用品をご紹介しましょう。どんなドラッグストアでも購入できる製品、ベビーパウダーです。汗をかいた肌を優しく包んでくれますし、赤ちゃんの肌にも安心な成分ですので、お肌に負担もかかりません。また香りも、強すぎず弱すぎずで汗の匂いも軽減してくれます。何より、ベトベトしていた肌がすっきりするのが嬉しい所です。

汗かきでしかも肌が弱い方の場合、このベビーパウダーは大きな味方となってくれます。何と言っても繊細な、バスト周辺の肌です。安心して使用できるパウダーで、あせも知らずになりたいものですね。

バストの黒ずみを撃退!面倒臭がりの私でもできた方法

バストの黒ずみに悩んでいる人というのは、少なくないのではないでしょうか。私自身もその1人でした。しかし、美白コスメとして名高いイビサクリームと出会ったことで、私の世界は一気に変わりました。

イビサクリームは、バストの他、デリケートゾーンやワキなど、黒ずみが気になる部分に仕える優秀なアイテムです。評判も非常に良く、満足している人はたくさんいます。

こういった類のアイテムは、購入するのがやや恥ずかしいですが、通販で購入できるのも買いやすいポイントだと思います。イビサクリームは、サロン専用商品だったのですが、人気が高かったこともあり、市販されることとなったという経緯も持っています。

イビサクリームには、黒ずみをダイレクトに解決してくれる成分が2種類配合されています。そして、美白に導くだけではなく、肌をしっとりとモチモチの状態にしてくれるのです。黒ずみは、乾燥も原因にあります。保湿をしっかりできていれば、美しい肌になれるのです。

イビサクリームは、サラッとした使い心地であるにも関わらず、肌がしっとりと潤うのが人気の秘密だと思います。そして、バストに使用した感想なのですが、使用開始して3ヶ月ほどで効果を実感できました。黒ずんでいた乳首が、薄っすらとサクラ色のような淡い感じになったのが実感でき、自分の身体ではないように感じるレベルでした。

私は、基本的に面倒くさがりなので、毎日続けられるのかという不安がありました。しかし、お風呂上がりにサッと塗るだけで大丈夫なので、無理なく継続することができています。

私がイビザクリームを買う時に参考にしたサイト→【乳首の効果写真有】イビサクリームを最安値で買って効果を口コミ!