憧れの上向きバストになるための方法とは?

投稿者:

バストが大きい人ほど気を付けた方が良いバストの垂れ問題。バストがさほど大きくはない方でも、加齢と共に下へ下へと下がってしまいます。垂れ下がったおばあちゃんのようなバストは、決して美しいとは言えませんよね。だからこそ、気を付けられるうちにケアをしておくことが、極めて重要なんです。ただ、もう既に垂れてしまっているという方も、ご安心ください。今からでも、努力次第で、上向きのバストは手に入れられます。

バストを支えているのは、クーパー靭帯と言われているものです。クーパー靭帯は、一度切れたり、伸びたりしてしまうと、もう二度と元に戻ることはありません。ナイトブラを付けずに寝たり、普段と同じブラジャーで運動をしたり、走ったりすると、クーパー靭帯が切れたり伸びたりする原因になってしまいます。

バストを支える上で重要なクーパー靭帯ですが、実は大胸筋と密接な関わりを持っています。クーパー靭帯を守り抜くためには、大胸筋を鍛えることが近道になるんです。

大胸筋を鍛えるのに有効なのが、腕立て伏せです。腕立て伏せは、ハードルが高いように聞こえてしまうかもしれませんが、膝をついた腕立て伏せでも十分な効果を得ることができます。膝をついたまま、普通の腕立て伏せのようにトレーニングをすることで、大胸筋を鍛えることができます。

先ほど、少し述べたことになりますが、寝る時のナイトブラも必須です。寝ている間というのは、クーパー靭帯にとってリスクが多いので、ナイトブラでしっかり支えることによって、バストの垂れも防止することができます。